1. ステッカーを自作する

パソコンとインクジェットプリンタを使って、自宅でステッカーを作る方法を紹介します。 いろいろとコツはありますが、少ない枚数であれば、誰でも簡単に作ることができます。
スノーボード/スノボに使うステッカーに必要な条件などは、 「ステッカーチューン」のページをご覧ください。

画像データの作成
まず、ステッカーにする画像データを作成します。 画像データは、できるだけ大きく作ります。 よくわからない人は、とにかく画面いっぱいになるようにしてください。 画像データが小さいと、きれいに印刷できない場合があります。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー Windows には、「ペイント」というお絵描きソフトが付属しているので、 これで画像データを作ることができます。 「ペイント」以外にも Photoshop や GIMP などのソフトを利用してもいいでしょう。 ちなみに、今回使った画像データは、「ペイント」だけで作っています。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:ガイド 画像データができたら、画像の四隅に図のような「ガイド」を描きます。 これは、切り出すときの目印になるものなので、何色でもかまいません。 ここでは、背景が黒なので、切り残しても目立たないように、グレーで描いています。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:背景黒

今回は、A4縦に2列で作りたかったので、ガイドを付けたデータを横にコピーしました。 このとき、上下左右の位置が合っていると、切断が楽になります。
いらない余白を無くし、白い背景をすべて黒で塗りつぶしてから、このデータを保存します。

このまま画像処理ソフトで印刷してもいいのですが、ここでは、ワードを使って印刷します。 ワードを使うと、勝手にA4サイズに調整してくれるので、 画像サイズや印刷設定で調整する手間が省けます。
正確なサイズのステッカーを作りたい場合は、画像処理ソフトでサイズ指定して印刷した方がいいのですが、 スノーボードに貼るのであれば、適当なサイズでも問題ないので、作業が簡単な方法としました。

0256 スノーボード/スノボ ページ設定 まず、ワードのページ設定で余白を少なくしておきます。 余白が多いと、無駄になる部分が多くなってしまいます。

0256 スノーボード/スノボ 画像読み込み

保存したデータを、ワードで読み込みます。

画像完成

これを繰り返すことで、A4縦にいっぱいの画像データを作ることができます。

ワードファイルとして保存したら、画像データは完成です。 このワードファイルを印刷すれば、いつでも同じように印刷できます。
ここまで作業が一番時間がかかります。

ここで使ったステッカーのデータを、ダウンロードできます。 0256logo.doc という名前のワードファイルです。 右クリックで保存してください。
ファイルのダウンロード

道具の準備
0256 スノーボード/スノボ ステッカー:道具 ステッカーを自作するためには、パソコンとインクジェットプリンタ以外に、 カッター、定規、下敷きなどが必要になります。
カッターと定規は、100円ショップで買ってきたものですが、 下敷きだけは専用のものを使っています。 安いものだとすぐにボロボロになり、使いにくいです。

0256 スノーボード/スノボ ステッカーシート 他に、ステッカー作成用のラベルシートが必要です。 このシートは、今までいろいろ試した中で、スノーボードに使っても問題なく使えたものです。 ただ、あまり店頭に置いているお店が無いので、最近は通販で買っています。

※このラベルシートでは、背景が透明なステッカーは作れません。

印刷
0256 スノーボード/スノボ プリンタの設定 印刷を開始する前に、プリンタの設定を変更します。
設定内容は使っているプリンタにより変わりますが、用紙の種類を指定し、 印刷品質を一番きれいに印刷できる設定にします。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:印刷 印刷する用紙には「向き」があるので、間違えないようにセットします。 わからない時は、1度、普通紙に印刷してみると確認できます。
セットできたら、印刷を開始します。

印刷直後は、インクが乾いていない場合もあるので、少しの間放置します。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:表面シート 印刷が終わったら、表面シートを貼り付けます。
この作業は一発勝負です! やり直しはできません。 失敗したらもう一枚印刷することになります。 定規などを押し当てながら、空気が入らないように、少しずつ貼り付けていきます。

切断
刃を折ることのできるカッターであれば、刃を折っておきましょう。 古い刃のまま使うと、ステッカーの切断面がガタガタになります。 目安としては、「A4のシート1枚を切り終わったら刃を折る」くらいの頻度です。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:切断 印刷したガイドにそって切断します。
きれいに切り取るコツは、ステッカーになる部分に定規を乗せて、 ステッカーにならない部分を切り取るようにすることです。 切るたびに用紙を回転させなければならないので面倒なのですが、 この方法だと、多少失敗しても切り直すことができます。

0256 スノーボード/スノボ ステッカー:切断 すべて切り終わったら完成です。

画像データの作成には時間がかかりますが、 印刷から完成までは、慣れていれば1時間かかりません。 ゆっくりやっても2時間あれば終わると思います。
後は、スノーボードのどこに貼るか、悩んでください。

Twitter Facebook Google+