0256 スノーボード/スノボ Niigata Local
Snowboarders
Web Site
 | おすすめ(本、DVDなど)  | ブログ  | このサイトについて
ホーム > スノーボードの道具
道具の選び方  ブーツ  バインディング  スノーボードの板  ウェア  ゴーグル  グローブ、ビーニー等  持っていくと便利なもの 
7.グローブ、ビーニー等

グローブ
グローブの形には、5本の指をそれぞれ入れるものと、親指以外の4本の指をまとめた ミット型のものがあります。 ミット型のものは、縫い目が少ないため水がしみ込みにくく、保温性に優れています。
また、パイプグローブという薄手のグローブもあります。 ハーフパイプなどで、汗をかいてもすぐに乾くように薄手になっていて、 空中で板をつかんでも滑りにくくなっています。 薄いので、春先などの暖かい時期にも使えます。
スノボのグローブ ミット型グローブ

グローブには、手の甲の部分にポットが付いていたり、ベンチレーションが付いていたりするものもあります。 リフト乗り場が電子ゲートになっているスキー場の場合は、グローブのポケットに ICチップを入れておくと、手をかざすだけでゲートが開き、スムーズにリフトに乗ることができます。
また、親指の付け根あたりにゴムのワイパーが付いているものもあります。 ゴーグルのレンズに雪が付いた場合に、このワイパーで拭き取るのですが、 吹雪の時などは意外に活躍します。
なお、スキー用とかスノーボード/スノボ用とかの区別はありません。

ビーニー
ビーニーとは、ニット帽のことです。 雪などで濡れることを防ぎ、転倒時などの衝撃をやわらげることができます。 色も形も様々なものが販売されているので、好みのものを選んでください。 耳の部分が隠れるような形のものがおすすめです。
手芸が趣味の人は、自分で作ってもいいでしょう。 手編みの方が暖かいです。
初心者で転倒することが多い人は、ビーニーの内側に厚めの布などを貼り付けて、 クッション性能を高めることもできます。
スノボのビーニー

ヘルメット
スノボのヘルメット 最近は、スノーボード/スノボ用のヘルメットも種類が増えてきました。 スノーボード/スノボ用のヘルメットは、耳当てが付いていたり、ゴーグルが付けやすくなっていたりします (スケボー用のヘルメットで滑ると耳が寒いです)。
スノーボードは、転倒時に頭を打つ確率が高いので、キッカーやハーフパイプに入る時は、 ヘルメットを着用しましょう。

フェイスマスク
昔は、タオルやバンダナなどを顔に巻いて滑っている人もいましたが、 最近は、スノーボード/スノボ専用のフェイスマスクが販売されています。 顔は、唯一、肌が露出している部分なので、雪焼け防止や寒さ対策にはフェイスマスクなども有効です。





スノーボードリメイク
板の表面のデザインを変えたい、細かい傷を隠したい、 そんなときに、デッキ面だけ張り替えてみませんか?
使い古した板でも、雰囲気が変わります!
http://ozawanaisou.web.fc2.com



道具の選び方  ブーツ  バインディング  スノーボードの板  ウェア  ゴーグル  グローブ、ビーニー等  持っていくと便利なもの 
ホーム > スノーボードの道具
0256 スノーボード/スノボ